読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

500枚入りコピー用紙でイラスト10000枚目指すブログ

ただ趣味で描いていた絵師が本職を目指します。内容はお絵かき・雑記。あと社会人リタイアしてしまった自分の新しい生き方とか?です。現在ラクガキ10000という途方もない武者修行中。この経験が絵を描き始めた人の参考になるように、もしくは暇つぶしのお供に、そうなってくれると嬉しいです。

クロッキーとポートフォリオに関するアドバイスを振り返る (アナログ1枚)

f:id:hakurei-ka:20170329081555j:plain

昨日寝る前に描いたクロッキー。主線が強くイラストっぽくなってしまいました。もうちょっと弱く描いて影で潰せればいいな。

 

個人的な疑問は

  1. 体は右向いてるけど顔は結構こっち向いている(体勢がきつくないか?)。
  2. 背中の肉付きがぜんぜん理解できなかった。というか見えなかった。

の2点

 

1に関しては、顔は斜め45度くらいが限界だと思う(自分でやってみた感想)のでもっと斜め角度で

2に関しては筋肉と骨格の構造をもう一度確認するとして

 

 

昨日は会社説明会でして、最後自分のポートフォリオを見ていただいたのですが、最終的なまとめは『写真でもいいからデッサン、クロッキー、人体デッサンをしっかりやるように』というアドバイスでした。ゲーム会社の現場の人にも常日頃口すっぱく伝えているそうで。日々勉強なんだなあ。

 

そんな感じで、一部会社説明会のあとには講評会という『作品を見ていただいて評価、指摘、アドバイスをいただく』という時間もあります。自分は2回見ていただきました。

 

まとめると

  1. 大前提としてはより多くのデッサンが必要
  2. 表現したいものを表現できていない(例えば夕暮れを表現したいのに夕暮れっぽく見えないとか)
  3. デフォルメを描くときはベースのキャラの特徴はしっかり引き継ぐ。
  4. クロッキー(人体デッサン)はまず時間を決めて、その時間内で描き終わらせるように意識。「何時間以上描かねばならない」という発想はない。
  5. 全体を見ながら描くようにしよう。部分部分で集中して描きすぎると全体の立体感を表現できない。全体のシルエットを捉えてから細部をつめていく。
  6. クロッキー(人体デッサン)は可動式フィギュアをモデルにしてもいいから、実際にそのポーズを取らせてみよう。
  7. 角度によって顔パーツの配置がずれている絵が多い。いろいろな角度の顔が描けるようになろう。顔特化の絵を描いてみるのもいいかも。

といったところでしょうか。

基本的にデッサン不足です。

 

ただ昨日の講評会では「正面は描けてる絵もある」というちょっとした評価を頂いています。よかった。

 

 

もしかしたら、クロッキーよりも人体デッサンに力を入れていったほうがいいのかもしれないなあ……最低3時間か。

 

 

 

夏伯礼ってこんな人

hakurei-ka.hatenablog.com

クロッキー不足。毎日のドローイングが必要ってことですか。

 

 

 

ラクガキ10000 挑戦中!

500枚入りコピー用紙をラクガキのみに使用し、10000枚を目指そうという企画です。

現在

1975枚 達成中!

目標達成まであと

8025枚

f:id:hakurei-ka:20170329081555j:plain