500枚入りコピー用紙でイラスト10000枚目指すブログ

『いつまで年齢を言い訳にしているつもり?』 ただ趣味で描いていた絵師が本職を目指します。

吹雪版深夜の創作60分一本勝負―今まで描いていた頬の塗り方を簡単に言及― (アナログ1枚)

f:id:hakurei-ka:20170207094510j:plain

「この程よい甘さがいいのですよ。それが分からないなんて、司令官もまだまだですね。えへへ♪」

 

芋分補給

 

1時間は狙ったのですが、後半で不足しいる部分を発見し修復していたのでその分時間がかかっています。

 

今回の反省点

  1. 手が大きい?もう一回り小さくてもいいか
  2. 指の関節気にしすぎて少しゴツい
  3. 袖口の生地の厚みが弱い
  4. 缶が、少し大きいかなあ……
  5. シワが多いかもしれない

そんなところでしょうか?

髪の毛の光沢や頬の塗り具合はいい感じで収まってくれたのでよかったです。

 

 

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 

 

f:id:hakurei-ka:20170116081708j:plain

 

f:id:hakurei-ka:20161225101944j:plain

頬の塗り方が古いという昨日の記事ですが、そもそもどういう塗り方をしているかというと、水彩毛筆、もしくは濃い水彩で塗りたい色を置いて、繊維にじみでぼかしたり引き伸ばしたりしています。線は線画レイヤーに描き込みます。たぶん塗り方としてはアナログ的。

 

逆にどちらかといえばはっきり見えてしまうので、塗り方しだいではくどくなります。色味を間違えると大変。

ゆえにとても難しい描き方なのです。

 

 

以上の方々はアナログで描くというお話を聞いたことがありますが、どのように描いているのか。ちょっと勉強したほうがいいのかもしれませぬ。

 

 

少し時間がおしてきたのでここまで。

 

 

 

夏伯礼ってこんな人

hakurei-ka.hatenablog.com

 だんだん暖かくなってきた気がします。

 

 

 

ラクガキ10000 挑戦中!

500枚入りコピー用紙をラクガキのみに使用し、10000枚を目指そうという企画です。

現在

1911枚 達成中!

目標達成まであと

8089枚

f:id:hakurei-ka:20170207094510j:plain

胴の太さとかはちょうどいい気がします。