読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

500枚入りコピー用紙でイラスト10000枚目指すブログ

ただ趣味で描いていた絵師が本職を目指します。内容はお絵かき・雑記。あと社会人リタイアしてしまった自分の新しい生き方とか?です。現在ラクガキ10000という途方もない武者修行中。この経験が絵を描き始めた人の参考になるように、もしくは暇つぶしのお供に、そうなってくれると嬉しいです。

【コピー用紙ラクガキ10000チャレンジ】なんで5000枚から10000枚にしたのか。その理由。(アナログ2枚 デジタル1枚)

お絵かきしましょ? 雑記 VS.過去の自分。昔の自分に打ち勝つ!

f:id:hakurei-ka:20160701235016j:plain

ツイッターに先に投稿しましたが。前回の記事に貼った線画が塗り終わりました。

現状のベスト。また一つ塗りに自信がついた気がします。

 

 

 

 

で、タイトルの話なのですが

 

ぶっちゃけ予定通り11年弱でラクガキ10000を完走できるとは、まったく思っていません。僕自身も「またとんでもない数字言い出したなーw」と過去の自分にあきれています。まあ描くけど。

 

とはいえ、この数字を出したのはちゃんと理由が3つあって、そのうちのひとつは自分の性格に影響されたのが理由なのです。

 

 

 

理由その1:単純に目立つため

いたって単純です。

 

見渡すと、500枚描いてる人且つ完走した人って結構普通にいるんです。それどころか1000枚2000枚3000枚描いてる人もいる。言ってしまえばそんなにすごいことではない。

 

そんな中自分も500枚やるぞ!といって描いて完走したとこで周りも「ふーん」で終わってしまうのです。結局はそこそこの数いる『ラクガキ500枚チャレンジ完走者』の一人に埋もれて終わりになります。

 

それではつまらない。

 

だから突出した数字にしたのです。そのほうが目に付きやすくなるから。

 

いかに見てもらうか。いかに注目してもらえるか。

イラストレーターは業界において飽和状態だそうです。その中で、今出来ることでどうやって目立つか、考えた結果がこれでした。

 

 

しかしだったら途方も無い10000枚よりも、半分の5000枚でも良かったんじゃない?という疑問も出てくるのですが(まあ完走者いると思うけど)、その『途方も無い』が次の理由につながってきます。

 

 

 

理由その2:あえてゴールを見えなくさせるため

過去3回完走した500枚チャレンジの終盤、特に終了直前(大体440枚目あたりから)、いつも考えてたことがあります。

 

「果たして、この500枚で得たものはあったか?成長したか?」

 

そしてその度にだんだん筆が重くなっていきました。

 

確かに、500枚描けば何かしらの成長はあります。ただその『成長』に対する意識が強すぎるため、いいモノ描かなければ!いい絵を描かなければ!という完璧主義&使命感&焦燥感が現れてしまい、描くスピードが遅くなる傾向が強かったのです。たぶん描くスピードはこの401~500が一番遅いはず。

 

はっきり言ってしまえば、完走するのが恐いということです。

 

完走する以上、周りに500枚描いたことによる結果を示さなければいけない。もし結果が出なかったら…という心配性の性分が理由2になります。

 

 

とはいえ、500枚と銘打ってる以上、やはりその数字の中で結果を残すべきなのでしょう。

 

f:id:hakurei-ka:20160702001849j:plain

f:id:hakurei-ka:20160702002000j:plain

 

f:id:hakurei-ka:20160702002026j:plain

f:id:hakurei-ka:20160702002220j:plain

まあ成果は出てると思いますが。

 

似たような構図で最近のと比べると……

f:id:hakurei-ka:20160702002150j:plain

f:id:hakurei-ka:20160702002349j:plain

こんな感じでしょうか?

 

 カラーなんて、最初は

f:id:hakurei-ka:20160702002948j:plain

こんなもんですもん。

もう一度貼りますが、それが

f:id:hakurei-ka:20160701235016j:plain

ここまできたのです(一つ前のカラーは2010年。色鉛筆)。

 

人によっては遅いと思うかもしれませんが、まあ間違いなく結果は残せてます。

 

 

でも5000枚ではなく、倍の10000枚にしたのですが、実は『完走させたくない』という思いのほかにもう一つあり、これが理由その3です。

 

テーマは『終わらせたくない』

 

 

 

理由その3:継続させてきたのを途切れさせたくない 

多分一番の理由がこれです。

毎度毎度言っていますが、『継続は力なり』です。

 

それを途切れさせるのは、せっかく付いた習慣がもったいない。

 

具体的に言うと、1500枚達成した時点で、ほんの少しゴールが見えてしまったのです。

正直気が少し緩みました。

 

思い込みすぎなのかもしれませんが、ゴールに目がいてしまったことで1枚1枚に向き合わなくなってしまうのではないか、次第に雑になってしまうのではないと思ったのです。まあ、山登ってる時木々の間から頂上が見えたら、どうしてもそこに目が行ってしまいますよね。あんな感じ。

 

それだったら、いっそのことゴールをうーーーーんと遠くにして、

 

「まだまだ全然先だし、それよりも1枚1枚しっかり描きますかねえー」

 

と足元を見るようにさせよう。

そう思ってあえて途方も無い数字をつけた。

 

これが理由その3になります。

 

そもそも芸術分野にゴールなんてないし。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

長くなりました。

まあ、そういうことです。

 

 

現状1日2枚で11年弱かかる計算ですが、果たしてどうなるやら……。

 

どうかゆるゆる見守っていただければ幸いであります。

 

 

 

 

夏伯礼ってこんな人

hakurei-ka.hatenablog.com

 ほぼ2ヶ月ぶりに車運転しました。

大丈夫だった。

 

 

 

ラクガキ10000 挑戦中!

500枚入りコピー用紙をラクガキのみに使用し、10000枚を目指そうという企画です。

スキャンできない今はツイッターの画像つきツイートでご容赦。

 

現在

1620枚 達成中!

目標達成まであと

8380枚

水着のバリエーション増やすぞ!