読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

500枚入りコピー用紙でイラスト10000枚目指すブログ

ただ趣味で描いていた絵師が本職を目指します。内容はお絵かき・雑記。あと社会人リタイアしてしまった自分の新しい生き方とか?です。現在ラクガキ10000という途方もない武者修行中。この経験が絵を描き始めた人の参考になるように、もしくは暇つぶしのお供に、そうなってくれると嬉しいです。

『絵が描けない』は十中八九嘘。描くだけなら誰でも出来る。必要なのは付加価値

お絵かきしましょ? 雑記

絵が下手だ絵が下手だと言うわりには普通に描けて、そこそこ評価もされている人っていますよね。実際不愉快になったりもしますが、これは仕方がないことなんです。

 

その人たちが言いたいのは

「確かに描けるけど、上手い人からすれば自分の絵なんてまだまだなんです」

 

という意味です。分かってはいるけどね。

 

 

 

そもそも誰だって絵は描ける

手がなくても口で筆をくわえて描く画家さんもいますからね。

丸描いて中に点をちょんチョンちょんと描けば、ナントカの法則で顔に見えるもんです。棒人形だって、立派な絵ですしねー。

 

 

 

その人が考える『絵』

人によって『絵』というもののイメージが違うんでしょう。

漫画・アニメ・ゲームに使われるようなキャラクターやその背景などをさす人もいれば、昔の画家さん(ゴッホムンクなど)の描いた美術品を指す人もいます。絵本だったり雑誌の広告に書かれたキャラだったり、対象は様々なんです。

 

ここでは先程『漫画・アニメ・ゲームに使われるようなキャラクターやその背景など』と述べたほうを話しますけど。

 

 

 

有名になれるのは、その人が描く絵の付加価値が多いから?

よく絵が上手いとされる人とそれ以外の人

ここに出る差は、絵に他の人とは違う付加価値があるという点で表れます。

全然描いたことない人がはじめて描いた絵、イラストレーターの前線を走る売れっ子さんの絵。当然後者のほうに目が行きますよね。

 

絵を描けることについては皆平等。その平等からどれだけ抜け出せるか。そこが大事なんです。

 

なんてことない。売り出したいものが違うだけで、他の販売物と同じなんです。どの企業も自社製品を買ってもらうために、考えて考えて、他社にはない付加価値を商品に付け足していく。

 

だから、絵描きさんが言う「絵が下手で描けない」というのは

 

チャームポイントや人を惹き付けるものがあるキャラクターが描けない

 

そういうことかと。

 

無論つけられる付加価値というのは

 

絵の画力だけとは限らない

 

というのを最後に付け足しておきます。言うまでもない、当たり前のことですが。

 

 

 

 

夏伯礼ってこんな人

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 18枚入りのウエハースが100円で買える、つよい。

 

 

ラクガキ5000 挑戦中!

500枚入りコピー用紙を全てラクガキに使用し、5000枚を目指そうという企画です。

現在

  1380/5000 達成中!

 

今度の三式はまだ数は多くないけど、炸裂する際の威力は保障するわ!」「へー」「ソナーも忘れずに持っていくのよ?」f:id:hakurei-ka:20160127180243j:plain

「今度の三式はまだ数は多くないけど、炸裂する際の威力は保障するわ!」

「へー」

「ソナーも忘れずに持っていくのよ?」