読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

500枚入りコピー用紙でイラスト10000枚目指すブログ

ただ趣味で描いていた絵師が本職を目指します。内容はお絵かき・雑記。あと社会人リタイアしてしまった自分の新しい生き方とか?です。現在ラクガキ10000という途方もない武者修行中。この経験が絵を描き始めた人の参考になるように、もしくは暇つぶしのお供に、そうなってくれると嬉しいです。

下手だからこそどんどん模写だ!技術は盗むものである!

お絵かきしましょ? 雑記

自分は模写を敬遠していました。

そもそもいくら真似したって所詮はその人の真似事であり、それ以上にはなれない、成長しないと思ってたんですよね。だからオリジナリティーを伸ばすほうが断然いい。そう思ってたんです。

 

しかし実際は違い、ラクガキをして1000枚あたりからようやく気が付いてくるんです。

 

そもそも、まったくの初心者からはじめたのに、土台なしで家が建つか?

 

気づくのに少し遅れた気がします……。

 

 

 

学生時代だったらまだ通用した

学生時代、特に小中学生のころならまだ通用したかもしれません。今日は教育で個性を重視する動きも見えてきたようですし、逆に、同じ真似事だけだったらおんなじ社会人だけが出来上がる、とも捉えられるような風潮になってきました。

 

 

まあ勉強の仕方も様々ですし、ちょっと変わった勉強法(インド式の掛け算?とか結構衝撃的でしたね。あのー、何とか暗算とか)取った子のほうが、より成績が良かったなんてこともありえます。

今で言えば、『スピードラーニング』なんて、その発想はなかった。

 

この時期はオリジナル重視もありといえばありでした。

 

 

 

『オリジナル』になるための下地が無ければ最悪無意味に

 

しかしまあこのオリジナル教育の数々も、学校での教育という下地があってこそ成り立つのを、最近になってようやく気が付き始めたのです。

 

そして、それは絵も同じ。

守破離』という言葉があるように、経験がないからこそ『守』で基礎、下地を積み重ねるのが大事なんです。

 

では絵で言うとどうなるか

 

それこそやっぱり模写になるんですよね。

上手い人の

  • 線を真似る
  • 構図の取り方を真似る
  • 描き方を真似る
  • 色のつけ方を真似る

上手い人を先生と捉え、イラストを教本と捉え、何度も目を往復させながら少しずつ吸収していくのが一番いいのでしょう。

 

もちろん教本を読むという選択肢もありますが、正直あれで続いた人をあまり見たことがありません……いままで見たことがありません。

 

やっぱり好きなイラストを眺めながら真似て練習するの方が楽しいじゃないですか。最初は楽しみながら練習し続ける。それはどの分野でも言えます。

 

しかし、頭の隅では

「でも所詮真似事は……」

とも思ってしまうわけですが

 

 

五輪エンブレム問題以降ですねー

 

そう

これは真似事じゃない

吸収である!

 

吸収して、自分の中で反芻して、自分の技術に変換する。

オリジナル要素はそのあとでいい!

オリジナルは下地となった技術の上に築き上げられるモノなのだから!

 

 

 

はぁ

 

 

 

そこまで悟ったのが、一月前です。

ちょっと遅かったかなー?

 

でも、画力の向上は間違いなくあるのでそれもまたベースに、今後は模写にも励んで生きたいと思いました。

 

先人の人たちは言いました

『技術を盗め』

 

 

勢いでここまで書きました

 

 

サヨナラ!

 

 

 

 

夏伯礼ってこんな人

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 よろしくどうぞ!

 

 

 

 

ラクガキ5000 挑戦中!

500枚入りコピー用紙を全てラクガキに使用し、5000枚を目指そうという企画です。

現在

    1338/5000 達成中!

f:id:hakurei-ka:20151222005501j:plain

突発的に書いたので、今日の分をまだ描いてません。