読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

500枚入りコピー用紙でイラスト10000枚目指すブログ

ただ趣味で描いていた絵師が本職を目指します。内容はお絵かき・雑記。あと社会人リタイアしてしまった自分の新しい生き方とか?です。現在ラクガキ10000という途方もない武者修行中。この経験が絵を描き始めた人の参考になるように、もしくは暇つぶしのお供に、そうなってくれると嬉しいです。

ブログ書き最初の壁のひとつ『1000文字以上』。これを超えるための発想の転換

自分は『ブログ』ってこう思うよ

f:id:hakurei-ka:20151203085956j:plain

書き始め(描き始め)た頃はなかなか大変

 

 

ブログ書き始め、もしくはなかなか書けないという人も多いかと思います。

かく言う自分もそこでかなり苦しみました。実際今も苦しんできます。

 

一杯アクセス数稼ぐためには、一にも二にも内容が大事になるんですが、それ以前の問題があった。

それが

 

 

ブログ1記事、1000文字以上

 

 

書き慣れない人にとっては、これはなかなかの壁になってると思うんですよ。

実際自分もそうです。(大事なことなので二度言いました

 

なんで他のブロガーさんたちはあんなに長く書けるのだろう?

やっぱり物書きが好きじゃないと字をかくのは大変なのだろうか?

 

そんな疑問を最初のうちは自分も持ちました。

 

しかし

 

この考え方は、インターネットで身近なあるサービスによって、考え方が一変したのでした。

 

 

 

キーワード『1、2、3、1』

ここまでネットが浸透した時代、大体の人、というか使ってる人を見たこと無いくらい利用されてるサービスがあるじゃないですか。

 

 

ツイッターです

 

ブログ記事書くのは大変だけど、ツイッターならサクッと出来るぜ!

ツイート数ももうすぐ10000だ!

なんて人もいるでしょう。(自分はまだ4000行ってないですが)

 

見出しで上げた『1、2、3、1』はツイートの数を表す数字でして、数字の合計は7。7ツイートで合計980文字になります。

 

つまり

  1. 書き出しで1ツイート分
  2. 2つ目の見出し(記事で書きたいこととか)で2ツイート分
  3. つ目の見出し(言いたい自分の主張)で3ツイート分
  4. 最後のまとめに1ツイート分

という事です。

 

おろ?なんか1000文字のハードルが下がって気がしませんか?

 

www.youtube.com

 

人は思い込みにより

事実を正確に 

捉えていないことがある

           ~フレーミング理論より~

 

見方を変えてみれば、こんなにも変わるんですね。

 

3ツイートでもちょっと……と思う方は、見出しを一つ増やしましょう。

細かく分割したら、かえって中身が分かりやすくなるという可能性もあります。

 

 

 

そもそもの大前提『1000以上書くか書かないか』

でもまあ、文章書きなれない人が最初から1日1記事1000文字以上となると、さすがに消耗してくるんだと思います。

最初のうちはネタ切れもありますよね。自分も底をつきかけてます。

 

そういう時は600文字くらいでもサラッと書いてみるのもありなのではないでしょうか?

 

「検索に引っかかる1000文字以上の記事を書かなきゃ!」

と意気込み続けるのは大変です。スタートしたばかりならなおさら。

 

最初は記事一杯書いたほうがいいというのは、他のブロガーさんも言ってることですし、まずは記事数意識して見ましょう。

これは自戒にしよう。

 

 

今上の文章までの時点で1082文字になります。

動画を一つ付けてるので、文字数はそれ以下ですが。

 

こんな意識を持ってみるのもどうでしょうか?

 

 

 

 

と提案したところで

 

 

 

サヨナラ!

 

 

 

夏伯礼てこんな人!自己紹介!

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 サクッとどうぞ!

 

 

 

ラクガキ5000 挑戦中!

絵も練習の数を重ねないと!

500枚入りのコピー用紙をラクガキのみに使用し、5000枚を目指そうという企画です。

現在

    1310/5000 達成中!

f:id:hakurei-ka:20151203085504j:plain

色の塗り方を見直さなければ。そう思った一枚。

コピー用紙ですから仕方ないというのもありますが、もっときれいに塗れるはずなんです。

研究が足りないです。