読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

500枚入りコピー用紙でイラスト10000枚目指すブログ

ただ趣味で描いていた絵師が本職を目指します。内容はお絵かき・雑記。あと社会人リタイアしてしまった自分の新しい生き方とか?です。現在ラクガキ10000という途方もない武者修行中。この経験が絵を描き始めた人の参考になるように、もしくは暇つぶしのお供に、そうなってくれると嬉しいです。

絵を描き始めた4つのキッカケ

お絵かきしましょ? ブログ主に関して

f:id:hakurei-ka:20151123210815j:plain

絵を描きはじめて7年目。描きたいように描けない悩みに今も戦いながら描き続けています。上手くなりたいから。

 

500枚入りコピー用紙をラクガキで消化するラクガキ500・チャレンジ(本来はこの仕様)も現在3周目。その半分を折り返しました。

 

もともと美術もぱっとしないどころか、逆に工作・技術関係で成績を伸ばしてきた自分なのですが、今となってはイラスト投稿サイトにイラストを放り込んだり、こうやってブログの最後や頭に貼り付けたり、文字どおり描きまくっております。

 

でも、考えてみたら、なぜこれほどまでに『絵を描く』ということにのめりこんだのか。アレだけ美術が酷かったのに(美術で3以上取ったことない)。

 

まあ確かに、アニメ・漫画・同人誌が好きになったのはキッカケのひとつなのでしょう。みんな入り口はここですから。

 

だから皆絵を描くようになるとは言えません。自分にはこれに加えてキッカケが4つありました。

 

 

 

キッカケ① 落書き帳に描きたい

小学生のころからよく行っていたカレー屋さんがありました。新幹線の高架下近くにある小さなお店です。

 

そのお店のテーブルには『落書き帳』がいてあるんです。食べたカレーの感想だったり、子供の落書きだったりいろんなものが書かれていました。

 

その本にも時々、描ける人(イラストとかは描かないけど人並みよりはちょっと描ける的な意味で)の絵も感想つきで描いてあったりするんです。

 

素直にいいなーと思いました。

 

でもこのころは「楽しそうだなー」くらいの印象だったのです。

 

 

 

キッカケ② サークル参加

大学生になり、コミケ同人誌もそれなり読むようになった2年生。

突如友人がサークル作ろうぜ!といい始めます。

 

正直その言い出した友人宅で行われた宅呑みでの発言だったので、まあ酔っ払い冗談かな?と思ってはいました。

しかし、その家主の友人が管理関係、別の友人がシナリオ、自分がイラストという流れになり、「とりあえず描いてみてよ」と言われることに……。

 

で、これがまた結構褒められる。

 

調子に乗りました。

それから描く枚数が増えてきたんです。小説にしっかりした絵を出せるように上手くなろう!

このころからですかね。本格的になってきたのは。

 

 

 

キッカケ③ 読書感想イラストを描きたい

絵を描く以外、当時自分は結構本を読んでいたんです。

大体、一般小説とライトノベルが、

4:6

の割合でしょうか。

 

ひと月に3~4冊くらい読んでて、いつも本棚が一杯でした。教科書よりも多かったかも。

 

で、読んでるとまあ当然、面白かった本にも遭遇するんですね。自分は好きな本だったら平気で3周したりします。のめりこむときはのめりこむのです。

 

そして、あー面白かった。と思った後は

「もっとほかの人にもこの本知ってほしいなー」

 

と思ってました。

 

そのときラクガキ500もスタートし、そこそこの枚数も描いていて、

 

「だったら感想をイラストにして投稿サイトにアップしよう!読書感想文ならぬ読書感想イラストだ!」

 

ということを思いついたのでした。

 

作品例

小説

f:id:hakurei-ka:20151123213529j:plain

 

f:id:hakurei-ka:20151123213633j:plain

 

f:id:hakurei-ka:20151123213738j:plain

 

ライトノベル

f:id:hakurei-ka:20151123213900j:plain

 

同人小説

f:id:hakurei-ka:20151123213955j:plain

 

文章もつけたり絵のみだったり。

もっと画力を上げて、もっと見てもらいたいですね。

 

 

 

キッカケ④ 人気になって埋もれている作品を引っ張り上げたい

キッカケ③からつながって、今現在ココにいます。

 

同人の世界も知って、世の中にはものすごい数の作品が眠っているのに気が付きました。深くまでは知りませんが、その中にはもっと読まれるべき良作も眠っているのでしょう。

 

それを引き上げたい!

サルベージ(沈没船の引き揚げ作業のこと)したい!

 

そのためには、もっと画力を上げて注目度を上げていかないといけません。

ですから頑張ります!

具体的には、あくまで例えですが誤解を恐れずに言うと、昨今のTPPの非親告罪関係で『オリジナルの作者の収益に影響がない範囲までなら非親告罪はなし』の文面。

 

自分はオリジナル作者の収益に響いてしまうくらいの影響力がほしいのです。つまり非親告罪に引っかかってしまうくらいの影響力。

まだまだ理想で、具体的な道筋もまだですが、それだけの注目度を目指してまい進します。

 

……しかし、そこまで人気になると逆にやりにくくなるなー。大丈夫かな?

 

 

 

原動力は『もっと知ってもらいたい!』

これ面白いからオススメだよ!とか、こんな本読みました。思った以上にワクワクしました、とか。

 

宣伝したいんですね。収益が入るか否か関係無しに。

 

単純にもっと知ってもらいたいのです。

こんなにも面白い本があるんだ!

こんなにもワクワクする本があるんだ!

 

そんな埋もれている作品を引っ張り上げたい。

 

そういう野望があります。

 

キッカケ①~④まで進化してきたのですが、意外と根本は変わってないのかもしれません。

 

もしかして自分はぶれない人?

 

 

 

こんな感じで

 

 

 

サヨナラ!

 

 

 

 

夏伯礼ってどんな人?と思った方へ

① 自己紹介

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 

② 書きたいこと・頑張ってること・生い立ち

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 こちらもどーぞ!

 

 

 

 

ラクガキ5000 挑戦中!

500枚入りコピー用紙をラクガキのみに使用し、5000枚を目指そうという企画です。

現在

     1296/5000 達成中!

f:id:hakurei-ka:20151124001317j:plain

 

へんな誤字はスルーで。