読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

500枚入りコピー用紙でイラスト10000枚目指すブログ

ただ趣味で描いていた絵師が本職を目指します。内容はお絵かき・雑記。あと社会人リタイアしてしまった自分の新しい生き方とか?です。現在ラクガキ10000という途方もない武者修行中。この経験が絵を描き始めた人の参考になるように、もしくは暇つぶしのお供に、そうなってくれると嬉しいです。

いっそのこと真面目人間になんてなりたくなかった。そうしたほうがもっと日々楽だったかもしれない

ブログ主に関して 自分の生き方

人生楽だったかもしれない

と書こうとしたんですが、それだと硬すぎるんでより具体的に『日々』としました。

 

自分は小中高大と真面目人間を貫き、一時期「絵に描いたような真面目人間」とまで言われた真面目っぷりが取り得だと思っていました。

確かに真面目であることは悪いことではありません。仕事だけではない小さいことからなんでもミス無く、周りの期待値を常に満たせる。そこから人の信頼を得てステップアップする。そういう点では悪いことではないんです。

 

しかしこれがまたなかなか消耗するものでして、周りの人が期待する期待値を攻略すれば、さらに上の値を設定させてそれを求めてくるんですね。

 

 

 

攻略してしまったことが間違い、だったのかもしれない……

学生時代、特に中学高校となると、一番期待値が上がるのは受験期間。真面目人間の自分はそりゃあいい高校いい大学への進学を期待されました。

 

結果としては

 

高校

自分の学力レベル(個人把握)の2つ上のレベルの進学校に進学し、周囲を驚かせた。そんな偏差値高かったわけじゃないけど、周囲はこの合格を想定してなかった模様。

 

大学

真面目ゆえ指定校推薦枠獲得。正直これはコネだよなあ…とあまりいい気分しない。

でも成績悪かったわけじゃないんですよ!英語は学年の1位2位を常に争い、それ以外も平均値よりも上を常にキープしてましたから!安定感安定感!(必死乙

 

なお現在の英語力はお察し。

それよりイタリア語面白い(え

 

がんばって周りの期待値を攻略してきたのですが、大学での勉強は一部だけ上手くいかず、しかもそこからずるずる引きずられ、真面目ゆえの「出来ない自分が情けない」症候群になってしまったのです。そのたった一部だけだったのに……。

 

そして新卒採用されず、少し遅れて入った会社(大企業の支店だったのは入社後で知りました)で糸が切れてしまい、自分の真面目人生が幕を閉じました(?)。

 

周りの期待を真摯に受けすぎたんです。

 

 

 

最近の自分の立場で言うと…

で、アルバイトをやっている昨今を覗いてみると

 

いつか話したと思うんですが、自分はステーキハウスでアルバイトしていて、最近焼き場の前に立つようになったんですね。

 

でも考えてみてください。焼き場ですよ焼き場。そのお店の顔となる商品を作る一番重要な場所なんですよ。

で、自分アルバイト入って一ヶ月ですよ?評価が高いことはとても嬉しいですが、いきなりな二度上げすぎじゃないですかね?「焼き場は覚えたら一番楽な仕事だから」じゃないですよ。

 

まず覚えることが多すぎなんですよ!

もう一ヶ月他の仕事やってから、もしかしたら肉焼くこともあるかも?とは思っていましたが、こんなに早く仕事が回ってくるとは思いませんでした!

 

 

仕事ができるのはいい事ですが、次から次へとやってくるとだんだん苦しくなってきますね。最近は立て続けに入るランチタイムの流れに消耗しています。波が激しい……。

 

 

 

期待値の上げすぎは勘弁してほしいな…

真面目ゆえ、「出来るようになったら楽だから」ということを信じて、言われるがままに仕事する。

楽したいからじゃなくて、言われた「簡単な仕事」という言葉を信じてやってきましたが、ありゃあ結構神経使う。

焼き加減、料理が遅れないための計画性、メニュー内容を間違えないようにする等々、そろそろ自分の頭も一杯一杯です。ああ明日の焼き場がイヤだ。というか仕事がいやだ。

 

ほんとにまた仕事で消耗してるな。

 

そりゃあ、どんどん仕事もらってどんどん活躍したいと思う人もいるでしょう。

そういう人はどんどん期待値をあげてもらえばいい。

 

ですが能力人それぞれなんだから、加減というものを考えて仕事回すべきです。

 

「これは覚えてしまえば簡単な仕事」

 

ではなくて

 

それもまた人による

 

その意識を常に持ってないと、人が潰れますよ?

 

パワハラとか、関係ないですよ?

 

これからその会社の利益を作ってくれる労働力を味方が潰しちゃあダメだろう。

そういうことです。

 

というツイートを『いいね』したはずなんだけど見つかりませんでした。

 

 

 

真面目な人はもっと肩の力を抜いて

今28歳

10年前の自分に言えることがあるとすれば

「大学までは頑張って。そこからはもっと肩の力を抜いたほうが楽に生きれる」

と伝えたいです。

 

がっちがちの真面目人生は生きづらい。

 

それがこの10年で学んだことなのでした。

 

 

仕事いっぱいにしていない今は、ほんと心地いい。

 

 

 

こんなところで

 

 

まあ周りの目もつらいですが、自分の人生は自分のなのですよ。

 

 

サヨナラ!

 

 

 

夏伯礼ってどんな人?と思った方へ

① 自己紹介

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 ② 書きたいこと・頑張ってること・生い立ち

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 こちらもどーぞ!

 

 

 

 

ラクガキ5000 挑戦中!

500枚入りコピー用紙を全てラクガキに使用し、5000枚を目指そうという企画です。

 現在

      1270/5000 達成中!

 

f:id:hakurei-ka:20151114081436j:plain

前回描いた模写の影響を受けて頭身が高くなりました。