読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

500枚入りコピー用紙でイラスト10000枚目指すブログ

ただ趣味で描いていた絵師が本職を目指します。内容はお絵かき・雑記。あと社会人リタイアしてしまった自分の新しい生き方とか?です。現在ラクガキ10000という途方もない武者修行中。この経験が絵を描き始めた人の参考になるように、もしくは暇つぶしのお供に、そうなってくれると嬉しいです。

【フリーター・ニート】『自主的に前線から退く』 ゆっくり先のことを考える時間があってもいいじゃない

自分の生き方 雑記 ちょっと聞いたんですけど…

一回就職してしまうと、世間体やらお金やらでなかなか外れることができない人生になります。おもに前者ですね。

終身雇用という安定したレールがほぼ(?)無くなってしまった現在、就職した直後から、運悪くレールを外れてしまった時のことを考えなければならない時代にも突入しています。社会に出てしまえば、もう『安定』という言葉とは無縁の時代になったのですね……。

 

 

ま、こういう現状であるわけで。

 

そして今の日本の最大の弱点は、『復帰が難しい』という点にあります。

 

「履歴書の職歴欄に空白期間がある」

「職歴の記入が多いと良く見てもらえない」

 

まさに平均台の上を渡っているみたいですね。最悪それで人生が終わってしま人もいれば、人生が終わらないにしろまた0からスタートという難儀な結果になる人もいる。

 

『やり直しがききにくい社会』

 

それが今の日本なのかなと。

 

 

 

再起を計る期間の必要性

漠然とした思い出社会に出ても、大体のケースで人は壁にぶち当たります。漠然とした状態でも淡々と仕事できる人を、むしろ自分は尊敬します

 

しかしまあ万人そうではないです。

ましてやいつレールから外れるかも分からなくなった昨今、外れても再起が計れる期間の重要性が増してきました。

 

言ってしまえば

あえてフリーターニートになることで、前線から自主的に退く必要性、選択肢も出てきたのではないか?

ということなんです。

 

 

givegive05.hatenablog.com

 

参考一つ目!

 

とにかく1〜2年くらい何もしないでいてみてください。そうすると色々と見えてくると思います。自分のやりたいことがわかってきますし、自分の今までの常識がおかしかったと感じるようにもなります。会社で辛い思いをしなくてはいけないということが不自然ですからね。

仕事から逃げたいときに「ニート」という選択はありだと思う - ほぼニート、家を出る

 あ~、いいですね~。

学生時代、小中高では勉強が大半を占めます。大学生時代が唯一ゆとりがある学生期間なのかもしれません。

 

なら大学生時代に考えればいい事じゃない。

 

そう言ってくる人がいるわけですが。

 

そもそも大学生になることが当たり前ではない。

これを忘れてはなりません。

 

いまや大学進学が当たり前になった時代ですが、全ての人が必ずしも大学進学できるわけではないのですよ。

 

高校はまだしも(おもに人間関係を築く場所、期間だと思います。もちろん学力も)、大学はいつから義務教育になったんですか?

 

 

ここからちょっと余談

 

 

実際に、学生の収入が学費を下回っている時代でもあります。休みの日はアルバイトに精を出しているのでしょう。

 

(ってべねっせさんがいってた!)

 

あれ?社会人と変わらないのでは?

 

正直なところ、これだったらアルバイト勤続4年のほうが、今の即戦力を求める時代にとっては説得力あると思いますけどねえ……。

今の多種多様なサービスがあるコンビニアルバイトを4年やったら、きっと優秀な営業マンになるんじゃないだろうか……。

 

閑話休題

 

 

さてと

なんだかんだで今の学生さんは忙しいのです。

これだけ忙しいのだから、先のことは考えずに目の前のことに力を注ぐのは当然。

 

意外と考えてる暇はなかったりするんです。現実は(もちろん先の人生を計画している学生さんもいます)。

 

この時期、先の人生を具体的に考えたことがありましたか?

首を横に振る人が多いと思います。

 

せめて、先のことを考える期間が必要になってくるはずなんです。

 

んん~、1年ほど?

 

hitode99.hatenablog.com

 

というわけで二つ目投入!

 

つまり、試させて欲しいのだ 自分がこれらの生活を実際にやって、どう思うのか、何を感じるのか、これからどうしたいと思うのか、一度で良いから試してみたいのだ 「この生活! 絶対手放したくない!! 自由に稼げる事を仕事にしよう!」 と思うかもしれないし、もしかしたら 「俺のやりたい事って、土日と長期休暇あるなら十分じゃん。それなら安定した仕事でいいや」 と思うかもしれない でも、それも試してみない事にはわからない

「1年休暇」が欲しい - 今日はヒトデ祭りだぞ!

 

何事も挑戦する心が大事と言うわりにはなかなかその機会が許されないこの国。

時間は作るものだなんて聞こえてくるけど、1日数時間とかそんな小さい時間の問題ではないのです。人間その環境にとどまり続けると染まっていくもの。典型的な『考えるだけで終わる』になりかねないです。

 

なんか違うな?

なんかぶれてきている気がする。

こんなはずじゃなかった。

 

そう思ったときは自ら前線から退くという選択肢も必要なはずです。

 

確かに一度退いたら、再び前線に復帰するのは難しいです。そういう時代ですし。

 

でも、モンモンと考えたまま年を重ねて、

「結局何も出来なかった時間がなかったからね忙しかったからこれはしょうがないんだだいたい…」と言い訳垂れるほうが、見ててみっともないですよ?

 

そこから先はその人しだいですが。

 

Which ever you like, leave or not!

 

退くか退かないかは、あなた次第です!

 

 

あれー、leaveには退くって意味あったかなー(台無し

 

 

こんなところで

 

 

 

サヨナラ!

 

 飛鳥たぐいさん

ヒトデさん

 

面白い、興味深い記事、ありがとうございました!

 

 

 

夏伯礼って何者?と思った方へ

 

① 自己紹介

 

hakurei-ka.hatenablog.com

② 書きたいこと・頑張ってること・生い立ち

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 こちらもどーぞ!

 

 

 

ラクガキ5000 挑戦中!

500枚入りコピー用紙をラクガキのみに使い、5000枚を目指そうという企画です。

現在

     1256/5000 達成中!

f:id:hakurei-ka:20151104145517j:plain

相手役ラフ案難航中