読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

500枚入りコピー用紙でイラスト10000枚目指すブログ

ただ趣味で描いていた絵師が本職を目指します。内容はお絵かき・雑記。あと社会人リタイアしてしまった自分の新しい生き方とか?です。現在ラクガキ10000という途方もない武者修行中。この経験が絵を描き始めた人の参考になるように、もしくは暇つぶしのお供に、そうなってくれると嬉しいです。

自分の可能性を一本に絞ってしまうことほど怖いものはない。

mixiから 雑記 自分の生き方

そういえば、前回の記事を書きながらかつてmixiでメッセージをやり取りした際のことを思い出しました。

 

その内容は、とあるイラスト投稿系のコミュで「何かアドバイスください」と描いてあったので、思ったことをイラストにして返信しました。

すぐ返事は返って来たのですが、どうも本人の意向に添えなかった。期待していたのとは違っていたらしいのです。

 

そこまではよかったのですが…、そのあとその人は

 

このコメントは間違っているので消した方がいいのではないでしょうか?

 

と言って来たのです。

そもそも絵を描くのに正解も不正解もないだろうと思ったのですが、まあ拗らせたくはなかったので素直に応じました。

 

さすがにムッとしたけど、拗らせるよりマシ。触らぬ神に祟りなし。

 

 

その後ちょっと絵に関してメッセージでやり取りしていたのですが、気になる一言を発しました。

 

僕には絵やデザイン等にしか取り柄がないんです。

 

ふむ……。

 

 

 

自分の成績だけを理由にしてこれからの選択肢を絞るのは自殺行為

その人、中学生のときにほかの教科はからっきし駄目で、唯一美術だけはよかったんだそうです。

ただ心的病気を抱えていて他のことはあまり得意ではない模様。

 

そして美術を評価されたことによって「自分はこの道しかない」と思い込んでいるようでした。

 

そこで思ったのは、まさか本当に自分はこの道で食っていけると思っているのかな?最悪の状況を考えてないのかな?という心配です。

 

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 

あこがれの道が自分の思っている通りだとは限りません。むしろ、ほとんどが思っている通りではないパターンであるはず。

 

いろんなギャップに悩ませたり、体が追いつかないこともあり得るでしょう。

 

だ か ら こ そ

自分の将来を一本にするのは危険なのです。愚策なのです。

 

 

 

何が起こるか分からない日々において、いくつかの選択肢はあった方がいい

人の消耗が激しい、イラスト・漫画の仕事だからこそ、描けなくなった時にどう対処するか。これは大事です。

自分にはこれしかないと考え、それ以外に対しては「自分には出来ない」と突っぱねれば、いつか唯一の武器が折れたとき何も対処が出来なくなります。

 

それ相応の武器を持っているのならば不安はまだ少ないと思いますが、『万が一』が起こらないと断言できない以上、個人的セーフティーネットは敷かなければなりません。『少ない』であって『無』ではないのです。

 

 

今、この人に対して言いたいことは

『やりたくない』という理由でやらない。そういった理由で突っぱねてもいいですから、他の選択肢を模索しなければならないんじゃないかなーということです。

 

それ以外の道も模索してほしいですね。

 

実際「自分にはこの道しかない!」と自信を持って言えるイラストレーターさんって、今の日本には存在しないんじゃないかなー?

 

流動性がとにかく高い市場ですからね。

 

 

こんな感じで

 

 

サヨナラ!

 

 

夏伯礼ってだれやねん?と思った方

① 自己紹介

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 ② 書きたいこと・頑張っていること・生い立ち

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 こちーらもどうぞ!

 

 

 

ラクガキ5000 挑戦中!

500枚入りコピー用紙を全てラクガキに使用し、5000枚を目指そうという企画です。

現在

   1254/5000 達成中!

 

f:id:hakurei-ka:20151102003830j:plain

スヴェン(中央)のお客の前と主人公の前とのギャップがいい。面白いです。