読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

500枚入りコピー用紙でイラスト10000枚目指すブログ

ただ趣味で描いていた絵師が本職を目指します。内容はお絵かき・雑記。あと社会人リタイアしてしまった自分の新しい生き方とか?です。現在ラクガキ10000という途方もない武者修行中。この経験が絵を描き始めた人の参考になるように、もしくは暇つぶしのお供に、そうなってくれると嬉しいです。

『スランプ』ってできれば使いたくない言葉だなぁと、思ってた時期がありました。

お絵かきしましょ? VS.過去の自分。昔の自分に打ち勝つ! ブログ主に関して

人間何事も波があるもので、いい調子の時もあれば悪い調子の時もあるのが当たり前です。ゲームの世界ならいい調子を維持しながら、対戦したり問題を解いたりすることもできますが、生身の人間の話になってくるとかなり至難の業になってきます。

 

まあ自分たちのような『最近絵を描き始めた人』というのは後者、調子が悪いことというのが多くて、最初のうちはそれとの根比べになるのが普通だと思います。

 

まあ調子よくても上手く描けるとは限らないですけどね。

 

自分は現在、結構調子が安定している状態で(もちろん前線で描いている人と比べたらまだまだ)、このまま絵柄を定着させたいと思っています。

快心の出来というのは最近なかなか出ないもんですね。

上げるとすれば今度のラクガキ集の表紙でしょうか?

 

f:id:hakurei-ka:20151028234553j:plain

よろしくお願いします(ボソ

 

さて

よく上手く描けない状態の時を『スランプ』と言う人が多いと思いますが、自分、あまりこの言葉にいい印象がありません。というのも自分が満足に描けない状態に対する言い訳にどうしても聞こえてしまって……。

なんだかなーと。

 

意味を確認してみると

スランプ

一時的に調子がくずれ、普段の技能(能力)が発揮できない状態

新明解国語辞典よりー

 

まあ、ですよね、と思いました。

意味はそうなんだけど、やっぱりどこか違和感を感じるのです。

 

どこに違和感を感じるのか、じっくり考えてみました(実際書きながら頭で考えてます)。

 

 

 

これが自分の現在の実力ということに目を背けたくない

考えた結果これに行き着きました。

 

スランプも生じる今の自分自身が現在の実力なのだと考えたのです。

 

絵が上手いということは

  • 自分の絵柄で
  • いつも大きく調子を崩さず安定している

というイメージです。

当然冒頭でも言った通り人の調子には波があります。でもイラストレーターの最前線やその付近にいる人たちって、やっぱり上手いんですよね。自分たちから見れば。

 

一方、残念ながら描き始めたばっかりの人の絵は、調子が悪い時のやつだと目も当てられません。黒歴史行きです。

 

そんな中で「あースランプかー」と自分の画力が無いことを棚に上げて一言で片付けてしまうことが許せない。

 

それはスランプじゃない!自分の今の実力だ!

 

自分の実力は言い訳なしで認めよう。

 

そう思うのです。

 

 

 

しかし今になって考えてみると……

描き始めて7年目に入った現在、ある程度人の目に触れるようになって来て、大きくないけどそれなりに評価ももらうようになって来て(残念ながらまだ版権のみ)、またあることに気がつきました。

 

 

もしかして今までの考え方って、自分の絵が描けた時と描けてない時の区別がつかなかったから、なのかもしれない(?)

 

 

描き始めのころは『下手で当然』なんです。

下手で当然ということは、どんなに上手く描けても周りと比べたら全然下手と言われても仕方が無い状態。いつも下手な状態ならスランプなんて関係ないじゃないか!それがお前の実力だああ!

 

そうなるわけです。

 

 

しかし、ある程度描けるようになって、描けて満足した時と不完全燃焼のときの具体的なイメージが固まった現在において、自分が今『スランプの状態』かどうかが、評価やこれまでの経験に基づいた感覚によって判断できるようになったのです。

 

ワンドロ絵を記事に上げる時に総評で自己評価したり、箇条書きでどこどこが悪かったと反省点が上げられるようになった。

逆に今回は思い通りに描けたとか課題の箇所が前より上手くなったとか、そのような観察眼も多少は養われてきた。

明らかに『下手で当然』という状態を脱したのです。

でなければそもそも客観的に見ようと思いません。だって下手が当然なんだもの。

 

これは成長したと、とっていいですよね。

 

 

 

まとめると

昔はいつも下手だからスランプなんて関係ない!

どんな絵に仕上がった時が調子悪い時かが分かるようになった。

もうスランプという言葉を自分に対しても許していいのではないのか!?

というのがこの記事を書きながら考えついた結論です。

 

もう言い訳ととらえるのはやめよう。

人には誰しも波がある。

もう自分の調子が悪い時を理解できるようになったんだから、それを意味する言葉を使っても罪悪感が無いはずだよ?

 

そうやってもう自分を許してもいいのではと思いました。

 

まあ自分は頭が固いので、始めからこんなに固執する必要は無いのかもしれませんがね。

 

 

 

今日はなかなかつかみ所の無い記事になってしまいました。

考えながら書くのは難しいです。当たり前ですね。

 

でもこの葛藤を感じてもらえるとうれしいです。

 

 

ではここまでで

 

 

サヨナラ!

 

 

夏伯礼って何者?と思った方

① 自己紹介

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 ② 書きたいこと・頑張ってること・生い立ち

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 こちらーもどうぞ!

 

 

ラクガキ5000 挑戦中!

500枚入りコピー用紙を全てラクガキのために使い、5000枚を目指そうという企画です。

現在まだパソコンに上げてませんが

   1251/5000 達成中!

 

こうでもないああでもないと悩んでると、時間が過ぎるのがとても早く感じますね(白目