読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

500枚入りコピー用紙でイラスト10000枚目指すブログ

ただ趣味で描いていた絵師が本職を目指します。内容はお絵かき・雑記。あと社会人リタイアしてしまった自分の新しい生き方とか?です。現在ラクガキ10000という途方もない武者修行中。この経験が絵を描き始めた人の参考になるように、もしくは暇つぶしのお供に、そうなってくれると嬉しいです。

これもとんでもない勘違い。自殺をするのに勇気なんて微塵もあるはずがない。

ブログ主に関して 自分の生き方

『自殺する勇気があったら何だって出来るだろうに……』

 

よく聞かれる言葉ですね。

まさかそんなに悩んでたなんて……。なんとかできなかったものか……。

その悲しい気持ちは分かります。

 

最近『人身事故』というワードがTwitterのトレンドにあがっています。

今日もどこかで人身事故が起きて、電車が遅延して、それに怒っている人がいるのでしょうね。

 

(ネタ関係なしに)乱世乱世……。

 

 

でもちょっと待ってくれ

もうタイトルで出してしまってるんですが、

 

ここの中には盛大な勘違いがあります。

 

『自殺する勇気があったら』

 

ここですね。

 

どうも最近の人たちは、自殺するのには勇気がいるという恥ずかしい勘違いをしているみたいなんです。

つい最近まで自分もこう思ってたので笑える話じゃないですが。

 

本当に、『今から数秒したら確実に死ぬ』という淵に立った瞬間って、もはや勇気とは関係ないんです。

 

 

まるで吸い込まれるように……

よく外国人の方が

 

「あの時は自分は悪魔にとり憑かれていて、もうその悪魔に従うしかなかったんだ……」

 

という殺人等の動機を話しますが、就職一社目を精神的にダウンしてやめた自分からしたら、これ決して笑い事じゃないんです。むしろ、別の意味で自分も経験ある。

 

別に悪魔が乗り移ったーとか、怪しい宗教がーとか、そんな話は関係ないのです。

 

最近くたくたの皆さん、経験したことがないですか。

 

「あ…、こうすれば…、俺、私、僕、は楽になれるかな…」

 

ってふと思ったこと。

 

そこが最初のトリガーなんです。まず気を配りたいところ。

 

 

勇気なんていらない。衝動がすべてを左右する

このふとが気をつけたいポイントなのです。

大体自殺を決めた人ってほぼ放心状態、無心状態で行動します。

 

 ペコリ、と頭を下げて用具ロッカー(外)と書かれたいつもの鍵を取ろうとしたときだった。

 ブブッ

 ケータイが震えた。

『From:mizukiーーいなくなっちゃえばいいのに』

 目の前が真っ白になった。

 誰が、とは書いていなかった。

 

<中略>

 

鍵の貸出表に名前を書こうとして、だがボールペンを落としてしまった。膝をかがめてペンを拾い、つと上を見上げる。

 チラリと目に入った鍵には、こうラベルが貼られていた。

<屋上:生徒持ち出し厳禁>

 

思春期テレパス 著:天沢夏月(敬称略) メディアワークス文庫

 

思春期テレパス (メディアワークス文庫)

思春期テレパス (メディアワークス文庫)

 

 

 

 

もう一つ

「お前は人を怒らせる天才だな」 

 

 ああ、そうか。やっぱり悪いのは全部俺じゃないか。

 五十嵐先輩をこんな風にしてしまったのは、俺じゃないか。

 俺は人を苛つかせることしかできない。

 やっぱり俺は、社会に出てはいけない人間だったんだ。

 

<章間>

 

 日曜日の朝は、少し幸せ。

 俺は今、少しだけそう感じている。

 だって明日からはもう、この歌を歌い続けなくていいから。

 今日ですべてが終わる。

 

<中略>

 

 やっぱり今日も南京錠はかかったままだ。

 俺は、手にしたハンマーを、南京錠目がけて振り下ろした。

 

 ガシャンーー

 目の前で響いた固い金属音は、瞬時に空に吸い込まれるようにして消えた。

 

 ガシャンーー

 俺は、やっぱりこの世に存在してはいけない人間だった。

 

<中略>

 

 ガシャンーー

 俺は全ての思いをぶつけるように、思い切りハンマーを振り下ろした。

 

 ガキンーー

 鈍い音と共に、古びた南京錠はその役目を終えた。

 

ちょっと今から仕事やめてくる 著:北川恵海(敬称略) メディアワークス文庫 

 

 

 

 

 

とっとこれくらいで勘弁してください。きつい。キーボード打つ手が震えてきます。

経験者ですからね。

特に最初の小説を読んでたときは吐き気までしました。そのご少し深呼吸してことなきを得たのですが……。

 

さて…、これら二人の人物の行動に

 

果 た し て 

勇 気 は あ っ た で し ょ う か ?

 

ほぼ自暴自棄で朦朧としているのはさすがに分かるはずです。

 

 

一番の敵。それは衝動

『衝動』

犯人はこいつです。

あの「むしゃくしゃしてやった」と同じやつです。

もう本人はむしゃくしゃどころじゃ無いと思いますが。

 

 

 

自分もあるんですよ。

前々回の会社で、上司の罵倒と遅れる本部からの商品配送、食い違う数量、営業先からの怒声、長距離運転。

 

そのときは高速道路でした。

思ったんですよ。

「ああ、ここから壁を突き破れば楽に……」

と。

で、左車線によりました。で考えたのです。

 

右側車線から一気に突っ込まないと壁を突き破れないかもしれない。

 

そこで右側車線に車を戻して、そこで我を取り戻しました。

 

 

 

その時は『自殺』のじの字すら頭になかったんです。

なんか、ふら〜っと。流れるように……。

 

今考えるだけでもゾッっとします。

 

 

いませんか?周りに最近覇気が無くなってふらふらしてる人

その人はもはや自分をコントロールできていないかもしれません。

ちょっと目を配るだけでいい。大きなおせっかいはいりません。

 

つれていかれる前に、連れ戻しましょう。

 

 

 

ここまでで

 

 

 

 

 

夏伯礼ってどやつだ!?と思った方

① 自己紹介

hakurei-ka.hatenablog.com

 ② 書きたいこと・生い立ち・頑張ってること

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 こちらもどうぞー。今回は生い立ちが絡んでますね

 

 

ラクガキ5000 挑戦中!

500枚入りコピー用紙を全てラクガキで消化し、5000枚を目指そうという企画です。

現在

  1237/5000 達成中!

f:id:hakurei-ka:20151015111810j:plain