読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

500枚入りコピー用紙でイラスト10000枚目指すブログ

ただ趣味で描いていた絵師が本職を目指します。内容はお絵かき・雑記。あと社会人リタイアしてしまった自分の新しい生き方とか?です。現在ラクガキ10000という途方もない武者修行中。この経験が絵を描き始めた人の参考になるように、もしくは暇つぶしのお供に、そうなってくれると嬉しいです。

報酬ゲット3回目。マジもんの自分の力で稼いだお金の存在感が凄まじい!

お絵かきしましょ? 雑記 自分の生き方

数ヶ月前からスタートした2016年用のカレンダーイラストの報酬が振り込まれました!

 

3枚で4000円!

 

まあ業界から見れば全然安いんですが、まだ業界人ではないし、趣味の領域ですし、全然妥当なラインだと思います。

 

こちらもなれないデジタル作業だったからいろいろ実力不十分なのは承知の上。

 

これからもっと稼げるように練習しましょう!

 

 

決まって入ってくるお金と自分で掴み取ったお金の違い

どちらがいいかなんて言いません。

 

ただ今回感じたのは

自分の技量で勝ち取ったお金の存在感の違い

です。

 

サラリーマン時代では感じなかった(というか忘れていた)『自分の力で稼ぐ』という感覚がどストレートに伝わってきました。

製作時、何処も介入していない、まっさらな自分の作品。それが評価されたのです。

 

これで3回目です。

 

サラリーマンやってたら、自分で案件とって来ても、注文とって来ても、結局は会社に一旦入っちゃうじゃないですか。売り上げもあくまで『会社の売り上げ』になってしまって、そこから給料が発生する。

 

『個人の成果は会社の成果』

そして、どのようにひっくり返っても『会社の成果は会社の成果』

 

ジャイヤニズムかよ!

 

それとは違い、今回はしっかりと自分の作品で勝ち取ったお金です。

間違いない、自分の成果なのです。

 

通帳に表示された数字を見たら、もうしばらくはお金下ろせないですね。稼いだぶん使ってしまいそうで。

テンション上がりまくりです。

 

 

『お金を自分で稼ぐ』という実感を子供のころに感じたかった

バザーでも何でもいい。子供のうちから売り子の経験を経験して、自分の手でお金を受け取って、お金の流れるところを目の前で見るというのは結構大事な経験です。

 

そして自分の売り子によって物を買ってもらうことを経験して『稼いだ!』という達成感を子供のうちから経験しておくべきなんです。

 

稼ぐ力を養うのは全然二の次。

 

むしろその達成感に惚れていけば自然と身につくものじゃないですか?

 

商品知識を蓄える

トーク力を鍛える

ディスプレイを考えてみる

など……。

 

アルバイトだと敷居が高いかもしれない。

あれは立派な『自分の労働力と時間』を営業して契約を取るという仕事ですからね。(そういう意味で、会社と労働者は契約上必ず対等の関係にならなければいけない)

そう考えるとこれも自分の力で勝ち取るということにもなりますか。

となると会社への就職も同じですね。

 

 

気づいてますか?自分が持ってる『商品』

 

人々はすでに

  • 時間
  • 労働力
  • 体力
  • コミュニケーション力
  • 知識

という5つの営業商品を持っています。

法の下、どう駆使していくかはあなた次第。制約はないんです。

 

しっかり扱えてますか?

場合によっては気づけていない可能性もありますね。

 

今の時代、時には自分を省みることも必要なのかもしれません。

 

 

ここまでで

 

 

サヨナラ!

 

 

 

夏伯礼ってなにやつ!?と思った方

① 自己紹介

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 ② 書きたいこと・頑張ってること・生い立ち

 

hakurei-ka.hatenablog.com

 こちらもどーうぞ!

 

 

ラクガキ5000 挑戦中!

500詰めコピー用紙を全てラクガキに使って5000枚を目指し、画力を成長させよう!という企画です。

現在

  1236/5000 達成中